FC2ブログ
無人クラス

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

強制・矯正・共生

2012/11/14 Wed 00:59

歯列矯正をしています。

始めたのは独断ではなく、ほぼ医者からの強制です。
ある意味で歯列強制です。

医者から強制されるほど歯並びが悪かったのかと問われると、否定はできません。
確かに僕の歯並びに関しては昔から悪い意味で一目置かれるものがあります。
もはや「並び」とは到底言えないものです。
個々の歯がそれぞれに個性を持っていて、あっち行ったりこっち行ったり。

公立高校の進路状況みたいなもんですね。大学進学する人もいれば、専門学校や就職など、それぞれが違った道に進みます。
こう言葉にすると聞こえは良いですが、本来歯に関しては、皆が同じ道を進まないといけないわけであって、一貫校じゃないと駄目なんです。

そんな糞みたいな歯並びのまま長期間過ごしてきた結果、ある日、「ガゴッ」という鈍い音と共に顎が外れました。正確には顎の骨がずれた的なことらしいんですが、要するに、口が開かなくなりまして。
どれくらい開かないかというと、皆さんも一度試して頂きたいんですが、縦にした指が二本までしか入らない状態です。二本でもギリギリです。三本なんて神の境地です。
そんなわけで、物を食べるときでも終始おちょぼ口になるんです。周りから見たら金魚の捕食ですね。

これは笑えないということで、歯科兼口腔外科に行きました。
診断結果は、「顎関節症」とのこと。皆さんも名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。
僕の場合は、歯並びが糞のせいで、噛み合わせが糞になり、顎の骨格が糞になったということでした。
なので、諸悪の根源である歯並びを治そう、というか治さないとお前は未来永劫、金魚の捕食という名の醜態を周囲の人々にさらし続ける羽目になるぞというようなことを、オブラートに包んだ形で言われました。
それならば仕方ないと思い、いろいろと熟慮した結果、矯正するに至ったわけです。

さて、ここまで書きましたが、今更ながら僕の歯並び事情など皆さんにとっては至極無意義なことなのではないかと悟ったので、やめます。
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。