FC2ブログ
無人クラス

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

排泄セオリー

2012/03/13 Tue 01:48

相対性理論をウィットに富んだ例であらわすと、「楽しい時間は早く過ぎ、逆に嫌な時間はなかなか過ぎていかない」ということ。

しかし今朝、この理論を否定する出来事に遭遇した。

午前8時頃、僕はマイクタイソンにボディを打たれて二、三日経ったときのような腹痛で目を覚ました。僕の三大嫌な目覚めは、こむら返りで目覚め、顎が外れて目覚め、そして腹痛で目覚めだ。
憂鬱な気分になりながら、いそいそとトイレへと向かう。

しばらくして、無事腹痛も収まる。ちょっと長居しすぎたかななんて思いながら、トイレから出て時計を見た瞬間、僕は言葉を失った。

針が指し示す時間は、9時15分。

なんとトイレに入ってから1時間弱の時間が経過していたのだ。
自分としては15分少々便座に腰を下ろしていた感覚だった。どういうことなのだ。

それからしばらくして、僕の頭の中に一つの単語が浮かび上がった。

「相対性理論」

そうか、これがかの有名な相対性理論か。しかし、何かがおかしい。
そう、相対性理論とは上でも述べたように、「楽しい時間は早く過ぎ、逆に嫌な時間はなかなか過ぎていかない」という理論だ。
先程の出来事をこの理論に当てはめると、【排泄行為=楽しいこと】という方程式が成立してしまう。そりゃあ、中にはそういう人もいるだろう。しかし大多数は排泄行為に費やす時間は嫌な時間であると答えるであろう。

つまり嫌な時間が早く過ぎるという、相対性理論を真っ向から否定する出来事が起こったのだ。

この一連の出来事で僕は何時間か頭を悩ましたが、納得する答えを得るには至らず、結局、「排泄行為に費やす時間は相対性理論を超越した存在である」という一つの仮説を立てて本件は幕を閉じた。
雑記 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
看護学生からの視点で言うと、排泄っていうのは体内の老廃物を出すという行為ということで、たとえばお風呂に入ったり、あるいはスポーツで汗を流すことが爽やかに感じて、それが楽しいと思えるように、排泄というのも必要のない物質を出す行為ということで、爽やかになる、つまりそれが楽しく感じて時間が早く感じるのではないのでしょうか。必要のないものを出して快楽を得るという意味では自慰行為にも共通するものがありますね!個人的な意見ではなく、あくまで看護学生としての意見ですw

ところでリンクの方は改めて貼らしてもらってもいいでしょうか?
No title
トイレの中にそんな深い意味があったとは。
ひとさんは凄いです。

私信ですが、ブログを移転しましたので再リンクをお願いしますm(_ _)m

「屈折ボーイ」
http://allegretter.blog.fc2.com/

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。