FC2ブログ
無人クラス

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

排泄セオリー

2012/03/13 Tue 01:48

相対性理論をウィットに富んだ例であらわすと、「楽しい時間は早く過ぎ、逆に嫌な時間はなかなか過ぎていかない」ということ。

しかし今朝、この理論を否定する出来事に遭遇した。

午前8時頃、僕はマイクタイソンにボディを打たれて二、三日経ったときのような腹痛で目を覚ました。僕の三大嫌な目覚めは、こむら返りで目覚め、顎が外れて目覚め、そして腹痛で目覚めだ。
憂鬱な気分になりながら、いそいそとトイレへと向かう。

しばらくして、無事腹痛も収まる。ちょっと長居しすぎたかななんて思いながら、トイレから出て時計を見た瞬間、僕は言葉を失った。

針が指し示す時間は、9時15分。

なんとトイレに入ってから1時間弱の時間が経過していたのだ。
自分としては15分少々便座に腰を下ろしていた感覚だった。どういうことなのだ。

それからしばらくして、僕の頭の中に一つの単語が浮かび上がった。

「相対性理論」

そうか、これがかの有名な相対性理論か。しかし、何かがおかしい。
そう、相対性理論とは上でも述べたように、「楽しい時間は早く過ぎ、逆に嫌な時間はなかなか過ぎていかない」という理論だ。
先程の出来事をこの理論に当てはめると、【排泄行為=楽しいこと】という方程式が成立してしまう。そりゃあ、中にはそういう人もいるだろう。しかし大多数は排泄行為に費やす時間は嫌な時間であると答えるであろう。

つまり嫌な時間が早く過ぎるという、相対性理論を真っ向から否定する出来事が起こったのだ。

この一連の出来事で僕は何時間か頭を悩ましたが、納得する答えを得るには至らず、結局、「排泄行為に費やす時間は相対性理論を超越した存在である」という一つの仮説を立てて本件は幕を閉じた。
スポンサーサイト
雑記 | コメント(2) | トラックバック(0)
先日、ようやく普通免許を取得しました。
「取得してしまった」のほうが正しいのかもしれません。

教習所での初乗車の際に担当教官から、「君は未来の轢き逃げ犯やな」と衝撃の宣告をされた僕にしてはよく頑張ったと思います。
最初、この宣告自体を、初めて運転する人をリラックスさせるための教官屈指のジョークなのかなと思って、「あはは、冗談きついっすよー」と半笑いで言ったら、違いました。本気でした。真顔で「ふざけてんのか」と説教されました。自害しようと思いました。

まあ初回からそんなことがあって、そこから何回か乗車したんですけど毎回怒られてばかりで、8回くらい乗車した頃でしょうか。豆腐メンタルの僕はドライビングスクールエスケープ症候群にかかってしまいました。簡単に言えば、登校拒否です。糞この上ないですね。

結局三ヶ月くらい拒否りました。もう免許なんていらない!自転車あるし!有酸素運動にもなるしね!ちょうど膝とか鍛えたかったし!という、悲しき葛藤はあったんですけど、よく考えてみれば30万円近い教習代は誰が払っているのかと言えば僕が払っているのです。

店員じゃなかったら恐らく何らかの過ちを犯してしまうだろうなと思うほどの客とは名ばかりのモンスターへの対応をこなし、ようやくその対価として受け取ったアルバイト代を未来の轢き逃げ犯宣告のためだけに無駄にして良いのでしょうか。良いわけがありません。

ということでそこから教習所に通い詰めました。朝、目が覚めたらそこが自宅なのか、教習所なのか、それとも母なる星、ピポット星なのか区別がつかなくなるくらいには通い詰めました。そしてやってきた卒業検定の日。

驚くことに検定の担当教官はあの忌々しい、僕にトラウマを植え付けた、どことなくスマイリーキクチを彷彿させる容貌のあいつでした。
検定自体は無難に終わり、見事合格しました。合格により多少気持ちが高揚していた僕は、キクチに、「初乗車のとき、あなたに未来の轢き逃げ犯宣告されたんですよ」と切り出してみました。

するとキクチはあの日と変わらない真顔で言い放ちます。

「君は未来の玉突き犯やな」

多少の成長はしたものの、どうやら僕に運転は向いていないらしいです。
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。