FC2ブログ
無人クラス

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
「架空のバンドを組んで文化祭で歌ったり演奏したりする」という妄想、男なら誰しもがやったことがあるはずだ。少なくとも僕は文化祭シーズンになると必ず妄想に浸っている。
歌も下手だし、楽器も演奏できないから妄想するしか残された道がないのである。この苦しみ、ご理解いただきたい。

文化祭で一番盛り上がるイベントと言えばなにか。大抵の人は「バンド演奏」と答えるだろう。「恋人と一緒に展示物を見てまわるとき」 なんて解答は一切受け付けない。
話は逸れたが、そんな風に会場を一つにするバンド演奏に自らも加わりたいと思ったことは誰でもあるはず。
「自分も歌が上手かったら・・・」「自分も楽器が演奏できたら・・・」 そんな悩みを解決するのが先程も書いたが、「妄想」 なのである。

まず妄想内で一番最初に決めなくてはいけないのが、バンド内での自分の担当だ。ここは慎重に決めよう。
一番目立つのはボーカルだが、あえて地味なベースを選択し、裏方に徹するというのもなかなか良いかもしれない。
ちなみに僕はいつもボーカルです。

自分の担当を決めたら、次は、メンバー構成、バンド名、バンドのジャンルなどをどんどん決めていこう。
メンバー構成やバンド名などは比較的どうでもいいのだが、バンドのジャンルだけはゆっくり時間をかけて考えるのがいい。ロック路線でいくのか、メタル路線でいくのか、はたまたアイドル路線でいくのか、そこは諸兄が行きたい道を選んで欲しい。
ちなみに僕はいつもノーマル路線です。

さあ、一通り決め終わったら、いよいよ本番だ。ついに文化祭のステージで演奏する時が来た
のだ。
初めて演奏したあの曲、合宿先の江の島で「ビックになるぞ!」 とメンバー全員で叫んだ夏の日、時にはなかなか音が合わなくて喧嘩したこともあったし、メンバーのKENJIが脱退しそうになったこともあった、という思い出を勝手に作るのもいいかもしれない。

ドラムの「3、2、1」 の合図で演奏開始。
ここからは妄想するだけではなく、自らも歌ったり、エア楽器をするのがオススメだ。まるで自分が文化祭のステージに立っているかのような気分になるだろう。
さて、2~3曲ほど演奏した所で会場から、「アンコール!アンコール!」 という声が発せられる。もちろんこれも妄想である。しかし妄想だからといって、アンコールの声に答えないという訳にはいかない。最後は笑顔で最高のパフォーマンスをしよう。

ラストナンバーを演奏し終わった瞬間、会場からは割れんばかりの拍手と歓声が巻き起こる。
それに対して、「センキュー!」 と手を振るメンバー達。もちろん自分も手を振る。自分を含めメンバー達は、これ以上ない歓声を背に受けながら、ステージを後にする。

ありがとう、KENJI、NAOKI、HAYATO・・
スポンサーサイト
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

最上級のマセガキ

2011/12/10 Sat 00:35

数日前の話。自転車でバイト先へ向かっていた夕暮れ時のことである。

踏切前で一時停止中、僕の横で数人の女子小学生が集まって談笑していた。
小学三年生から四年生くらいの年齢だろうか。あまりにも楽しそうに話していたので、「微笑ましいな」と思いながら見ていた。
一応断っておきますが僕はロリコンではないです。

話は戻って、その子たちは結構なビックボイスで会話をしていたので、自然とその内容が耳に入ってきた。
するとである。集団の中では比較的大人しそうな娘が驚くべき発言をした。

「今思えばさ、幼稚園ってマジだるかったよね」

その発言とほぼ同時に踏切が開き、僕はその場にとどまり続けるわけにもいかないので、そのままバイト先へと向かったのだが・・・ちょ、ちょっと待って欲しい。「幼稚園だるい」って何?
あんな子どもの頃にだるいとかそういう感覚ってないよね?「砂遊びマジだるいわ。一発かましたいぜ」みたいなそんな大学生的発言はしないよね?
少なくとも僕らの時代は誰もしていなかったと思う。
みんなでウルトラマンティガごっこをしていた。僕はティガと怪獣の戦闘中にぶっ壊される建物の役だった。

脱線してしまったが、最近の小学生というのは上記の発言を含め、本当にませていると思う。
化粧やアクセサリーなんて当たり前。恋人持ちなんてほとんどだとか。中には初体験を済ませるという強者までいたりする。

あれ・・・前がかすんで見えない・・・
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。